本文へスキップ
世田谷代田デンタルクリニック

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5787-8241

 〒155-0033 東京都世田谷区代田2-20-5-1F

歯茎が痛い・はれている

歯茎がはれていたり、痛みがあったりしませんか?
これらはなんらかの病気で起こっていることがほとんどです。
体の異常のサインをそのままにせず、必ず原因を見つけ、治療しましょう。

歯周病(歯肉炎を含む)による歯茎のはれ・痛み

歯周病(歯肉炎を含む)による歯茎のはれ・痛み歯周病(歯肉炎を含む)による歯茎の異常は、歯磨きをしたり、食事をし
たりした時に歯茎から出血してくることでわかります。
また、朝起きるとお口の中の唾液に血が混ざっていたり、口臭が強かった
りすることもあります。
歯周病は、歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。
そのままにしておくと、歯が少しずつグラグラしてきて、最終的には、抜
け落ちてしまいます。
成人が歯を失う原因で最も多いのが、この歯周病です。
必ず歯科医院で治療を受けるようにしましょう。


歯茎に膿がたまってはれて痛い

歯茎に膿がたまってはれて痛い 歯茎の中に膿がたまることにより歯茎がはれ、中の圧力が上がることで、 歯茎が痛みます。
 原因としては、歯の中で細菌が増殖し、根っこの先に膿がたまっているこ とが考えられます。
 その他にも様々な原因で起こります。
 このまま放置しておくと、どんどんはれが大きくなり、痛みが強くなりま す。また、最悪は入院して治療を受ける必要がありますので、早急に受診 するようにしてください。



口内炎で歯茎が痛い

口内炎で歯茎が痛い口内炎ができることで、その部分に食べ物が当たったり、冷たいものや熱いものの刺激でジーンと痛みがでます。
原因としては、ビタミンBの不足や歯茎に傷がついたりしたことが考えられます。
その他にも口内炎ができやすい原因は様々あります。
そのままにしておかず、原因を見つけて治療しましょう。
当医院では様々な口内炎のお薬を用意しております。
ぜひご相談ください。





その他案内 院長ブログ

院長のブログ随時更新中です!!

スタッフブログ

スタッフブログも更新中です!!

当医院のメディア情報ドクターズファイル取材

世田谷代田デンタルクリニックが、
ドクターズファイルに取材を受けました。


当院で使用しているインプラントメーカーについてはこちらです。
インプラントのノーベルバイオケア


世田谷代田
デンタルクリニック 
SETAGAYADAITA
DENTAL CLINIC
世田谷代田デンタルクリニック

〒155-0033
東京都世田谷区代田2-20-5-1F
TEL 03-5787-8241
FAX 03-5787-8241